FC2ブログ

『この世界の片隅に』を読んで思う


こうの史代さんの『この世界の片隅に』を読みました!



呉と広島が舞台になってる物語。
大正から昭和、とくに戦争末期が中心。



広島弁ていいよね!
語尾の「~じゃ」とかすごくイイ!



浦野すず(のちに北條すず)
という女の子の日々。


幼少期、思春期、出会い、結婚、嫁入り、戦争など、
ゆったり時間が流れます。




すずみたいな性格の女の子ってすごくいいなぁ!!



もうね、表情や仕草が柔らかくて、たまりません。





何とも可愛らしくて、
しみじみと引き込まれます。


セリフがないコマもけっこうあって、
そこにどんな気持ちが込められているのか、
よく考えさせられました。



んで、すずの周りも魅力的な人がいっぱい。



白木リン

すずが呉に来てから、知り合う人ですが、
考え方とか振る舞いとか、とても印象的な人でした。


すずがリンに魅力を感じ、リンはすずの才覚に興味を抱く。
互いにもってないものに惹かれ、いろんな話をして仲良くなっていく。


自由ではないリンが語る言葉に考えさせられるのは、
すずだけではないように思います。



リンが幼いころに着物をもらったときの表情がすごく好きです。
あのひとコマが印象に残ってます。



すずとリンって意外なところで、あんな縁があったなんて、
不思議な関係です。すずのひととなりが後の縁を生んだのかも。





水原哲

学校では乱暴者だった彼を、
それだけではないことに気づくすず。

水兵になった彼に再会してみると、
お互いに深い話ができるようになっていました。



ふたりは互いにどう想っていたのか・・・


哲は男らしさ満載です。





北條周作

すずの夫。当時の男性であんな心の在りようはすごい!

さりげない気遣いができて、しっかり男らしさも見せる。
こんな優しい男になりたいです。


すずにあんな危ないことするんですね・・・
ひやひやしました。こういうのって、女の人はどう見るんでしょうね。

そのおかげで、すずと周作の珍しい一場面がw





彼らに生じる秘密、それを抱えて生きていくことも、
物語の見どころではないでしょうか。


心にはいろんなことが思い浮かぶけれど、
それは感情や理性で人に伝える言葉になったり、
その言葉を心にとどめることもある。

そうした心の動きに引き込まれました。




当時の生活の様子も盛りだくさんです。


食事、裁縫、広島ならではの家業、
呉という軍港ならではの風景。



着物姿っていいな!
当時の服がいろいろ出ていました。


すずと夫の姉、女同士が繰り広げる身だしなみのこと。
ファッション感覚、女の人はいろいろ共感するんでしょうか。



複数世代が同居する大家族、
姑のすずへの気遣いにほっとします。


夫の姉の子供、晴美とすず。
お姉ちゃんのように慕っていて、見ててほんわかしました。





戦争でいろんなものが窮屈になって、
すずは知恵を絞って生活していきます。


やがて、呉も広島も戦場になってしまいます。


すごく悲しいことが起こります。
それでも淡々と生活を続けていました。




何というか、彼らの営みにはゆったりした感じがありますが、
それが自然な強さなのかもしれません。


あの時代をあんな雰囲気で描けるのって、すごいと感じました。
むしろ、こんなふうに暮していたのかもしれません。


あの時代に抱いている、
抑圧、切迫、苦しみ、悲しみといったイメージは
クローズアップしすぎなのかもしれません。



読んだ後も、じんわり優しい存在感がずっと残ります。





すずはなかなかすごいボケをかましてます。
みんなにツッコまれてます。


彼女は逸材だと思いますw


一応言っときますが、
すずが長いものを持ってるときは気をつけろ!




『この世界の片隅に』
とっても好きになりました!


もうホント超絶オススメ!


ちょっぴり呉と広島に馴染みがあるし、
広島は大好きということもあって、
いいものに出会えました。







無謀にも「にほんブログ村」と「FC2ブログランキング」に参加しとるけんね!
にほんブログ村 美少女イラストへ FC2ブログランキングへ
↑ ちょこっと応援お願いします!   ↑  どうぞよろしくお願いします!

スポンサーサイト
[PR]

250:想い
熱く語ってくださったので、興味がわきました^^

確かに戦時中のドラマとか・・・悲惨、陰惨なものが多いですよね。
陰惨さが「万人にうける」から、そういう描写をするのかもしれないです。
「戦争はこんなに悲惨で悲しい、だから、2度としてはいけない」
と、言いたいのかもしれません。
明るく生活してると、軽く見られそうで・・・。そういう意味では
『この世界の片隅に』は世情に逆らったスゴイ漫画と言えるのかもしれない
です。
でも、その時代の人って皆たくましく生きてますよね。
252:超絶オススメ!

わ~コメント有難うございます!
前回のネタとのギャップがあり過ぎでしたねw


この物語を通して読んだ後、彼らの境遇の変わり様に
何かしら想うものがあります。

それと同時に、彼らに変わらないものがあって、
それがとても温かくて優しいのでほっとしました。

こういう物語って、なっかなか無いと思います(*´ρ`*)ホワワーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
運営してる奴

たゆたん

Author:たゆたん
女子○生オリジナルキャラ中心に描いてます。
18禁絵・日常ネタなどの痛いド素人ブログ! サークル「たゆ~ん」でDL同人誌発売中

最新記事

ブログ娘“マユ”がご案内!

マユ・かっぱコス
 ♪ ♫ ♪ 記事カテゴリのお品書き ♪ ♫ ♪
 ・ イラスト  → 制作(やや18禁あり)
 ・ 日々の話 → 日々・変話
 ・ 旅の写真 → 紀行
旅は兵庫・京都・広島・高知の貧乏旅w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    ↓ うちのオリジナル娘たち ↓
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2017年6月22日発売!PIXIV宣伝中!
18禁CG(イラストマンガ)に登場してます。
「制作」カテゴリでご覧いただけます。
ビッチでも恋がしたい
新作CG「ビッチでも恋がしたい」
JKビッチ「ユズハ」の恋と性欲の背徳MAX
発売開始!
DMM同人で発売開始です!
500円→20%割引!!

★★ 新作CG「恋ビッチ」発売開始!★★
リンクはDMM同人トップまで
(発売後に直リンつくります)

---------------------------------------------------

ナミがおじさんに堕とされるまで
CG「ナミがおじさんに堕とされるまで」
2016年7月末発売
JKナミとミサキがおじさんに
禁断の調教!羞恥感ヤバい!

★★↓ 「ナミ堕ち」同人誌販売中 ↓★★
★★★★★★★★★★★★★★★

★★↓ こっちも行ってみてね!★★
アメブロ「たゆたんあわわw」(健全?)
たまに単独記事もあるよ。

ピクシブ~


★★★★★★★★★★★★★★★★
    ・・・ リンクのみなさま ・・・  
★★★★★★★★★★★★★★★★