FC2ブログ

■ラノベ「じゃないですよ」第5話(後篇)




こんにちは!




月末の記事ラッシュに陥ってるたゆたんです。

6月は梅雨の所為で時間の流れが
ねっとりしてたような気がします。


だんだん寝苦しくなってきて、
数日前から扇風機を出しました。







・・・さて!



今回はうちのラノベの回です☆










「そんなの女の子の言うことじゃないですよ」
―ギャル系女子と出くわした無気力系男子―


   ■第5話(後篇):回る回らない




委員長の遥(はるか)に家庭料理のお土産をもらった幸尋(ゆきひろ)。


さっそくアカネと滅多に食べられない家庭料理を食べます。
そこでは彼女の意外な一面が明らかに・・・。



そして、幸尋とアカネはふたりでお出掛けすることになります。
おなか減った状態で読んじゃダメな回です。







*「続きを読む」に第5話(後篇)
本文が入っています。









じゃないですよ

ラノベ「じゃないですよ」(略称)[15禁]
寂れた町に暮らす高●生のストーリー
謎の女の子に絡まれてドキドキ試練!

「アルファポリス」で先行公開中です

↑クリックで紹介ページにとびます!




↑アカネを虹きゅーぶさまに
描いていただきました!!


「辺境に住む主婦のお絵かきブログ」
(↑クリックでブログにとびます)


素敵なごちそうイラストいっぱいです☆
ぜひ遊びに行ってみてね!!







あんこの一族も「にほんブログ村」と「FC2ブログランキング」に参加してます!
にほんブログ村 美少女イラストへFC2ブログランキングへ
↑ ちょこっと応援どうぞよろしくお願いします!

■第5話:回る回らない(後篇)







「あの煮物や荒炊き旨かったな」




「びっくりだよ。アカネがあんなもの好きだとは・・・」




今日、幸尋が委員長を送り届けた、いや、ついていったとき、
お礼にもらったのは、彼女の家の手料理だった。




人参、筍、蓮根、椎茸、こんにゃくの煮物。
じんわりするようないい出汁が染みていて、
辛くもなく甘くもない絶妙な味付けだった。




そして、鯛の荒炊き。


頭と胸鰭のところを甘辛く煮たものだった。
付け合わせに、細長い牛蒡が添えられていた。
見た目は濃くてしつこいかと思いきや、
案外そんなことはなく、何ともいい味で、
身をせせって口に運ぶのが止まらなかった。
ふたりともよくごはんが進んだ。




どちらも幸尋は普段食べることが無い料理だった。
これほど手間暇と熟練の技を必要とするものは無理だった。



こういった和風の料理をアカネは苦手だろうと思ったが、
意外なことに彼女もよく食べ、途中からは取り合うように食べた。




「覚えとけよな!ああいうの好きなんだよ」



恥ずかしそうに料理の趣向を教えてくれた。
あくまで上から目線なアカネである。






・・・日曜日の今日は、朝のちょっとした事件をきっかけに、
ふたりで出掛けることになっていた。




古びた団地から出て、いつもの道を歩いていたのだが、
アカネが川を見ながら歩きたいと言い始めた。



しぶしぶ幸尋は堤を越えて河川敷まで出た。



幸尋は学校帰り、気分転換に堤を少し歩くことはあったが、
河川敷まで降りて河口に向かって歩いたことは無かった。





「ボク、ここが地元じゃないんだよ・・・」



ちゃんと先が通じているのか不安な幸尋である。



最近は雨が少なくて、川の水量も少なく、
川底が透けて見える。





「はぁ?そうなのかよ」



アカネが思わず足を止める。
驚いた顔に微かに喜色が浮かんだ。



(うっすらバカにしてるなぁ・・・)



変な反応だと思いながら、
幸尋はそのまま歩いていく。




(カイテンヤキ・・・)



よく分からないもののために出掛ける。
幸尋は納得していなかった。






――今朝のことだった。





急にアカネが「カイテンヤキ」を食べたいと言った。
幸尋はそれがどんなものかイメージできなかった。





「何てゆうか、丸いやつだよ」



「こんぐらいで、あんこギッシリで」



アカネは困った顔で、手で形をつくってみる。
幸尋はその手を凝視しているが、よく分からない。



「ん~カステラ的なやつ?」



「あんこギッシリっつたろ」





「たい焼きだろ?」



「丸いっつてんだろうが!」




お互いのイメージがぜんぜん結びつかない。



アカネの説明がふわっとしていて、ぜんぜん幸尋に伝わらなかった。
彼は彼で具体的なものを挙げるが、全くの見当外れしか出てこない。





「あーもー!!」




業を煮やしたアカネは幸尋を連れ出した。
どうやら駅の近くで売っているのを見たという。






駅までだいたい20分ぐらいかかる。
それもいつもの道を歩いたらのことだった。




必要以上の距離を歩きたくない幸尋と、
ただ川を見ながら歩きたいアカネ。




家を出てすぐにふたりはどの道を通って行くか、
回る回らないでしばらく不毛な主張が続いた。




結局、幸尋が押し切られて、ふたりで河川敷に下りた。




さすがに河川敷は開けていて風が通る。
さっきまでの気分が変わった。


それを何となく認めたくなくて、
幸尋は黙ったままだった。





「うーんっ」



アカネは背伸びしながら、どんどん遊歩道を歩いていった。





後ろから見ていると、アカネは川面に目を向けているのが分かった。
その目が少し細くなるような気がした。



(・・・・・・・・・)



こんな顔を何度も見た。
このときの彼女は別人のように思えてしまう。




どうしてそんなことが気になるのか、
幸尋はちょっとおもしろくなかった。




川の向こう岸を見たり、空を見たり、
しばらく落ち着かなかった。










「あ・・・あれ?歩道終わってる・・・」







「ちゃんとしろよな!ったく・・・」




アカネもアカネである。
先を歩いていたのは彼女である。



幸尋は何となくぼ~っと歩いていたので、
堤に上がる道を見落としていた。





ふたりは仕方なく引き返した。



すぐに堤を越える階段があると思っていたが、
結局だいぶ来た道を戻ることになった。





「だから、いつもの道を行こうって言ったんだ!」



「ごちゃごちゃうるせぇ!」



なかなか堤を越える階段が見つからなかったことが
ふたりを余計にイライラさせた。



ようやく堤を越える階段があった。
ちゃんと案内看板も掲げられていたのに、
ふたりとも見落としていた。



堤を越えると、道が二股に分かれていた。
一方は真っすぐに、よく通る道に通じていた。
もう一方は左へ斜めに伸びている、



アカネは迷うことなく左へと進んでいった。




「おいおい、真っすぐ行こうよ!
そっち行ったこと無いし!」




「うるせえ!こっちの方が近いって」



置いて行かれると思って、幸尋は急いで後を追った。






「・・・え?」






異様な雰囲気だった。



道は進むにつれて、うねるように曲がっていて、見通しが利かない。
両側の家々が崩れ落ちてきそうに建て込んでいる。



幅は2mほどだろうか。
人ふたりが並んで歩ける程度だった。



建ち並ぶ家々に、人が暮らしている気配は無かった。
瓦が落ちて、屋根の木材が剥き出しになっているところもある。
壁もくすんでいて、ヒビが入っている。



ふたりが暮らしてる古びた団地からそう離れていないはずだった。
ここはいつも通る道と川の間だろうと幸尋は思った。




幸尋が暮らしている団地もまぁまぁ古びているが、
この辺りはそれ以上だった。







見上げてみると、空の青さとは対照的に
家々が黒く見えてしまう。



立ち止まって見上げていた幸尋が視線を戻すと、
アカネはどんどん先に進んでいた。


慌てて後を追いかけた。








ガタン!




「ひっ!」




音がして、思わず幸尋が声を上げた。
先を進むアカネが振り返って、冷たい目を向けられた。




「な、何の音ぉっ!?」



「あ?どうでもいいだろ」




すぐにアカネは歩き始めた。
幸尋は足早に追った。



怖くないはずだったのに、ちょっとしたことで
けっこうビビッていたことが自分でも恥ずかしい。




(何でこーゆーのは平気なんだよ・・・)



急にムカムカしてくる。


ズカズカ歩いていくアカネの後姿を見ながら、
さっきの音に無反応だったのが信じられなかった。










「おぉう?」






急に開けたところに出た。


それはいつも通る道で、ちょうど交差点のところだった。
目の前の車道を渡ると駅に続く南側の商店街だった。



幸尋は見たことがある風景にホッとした。


車が行き交い、人々が歩いている。
目の前にはそうした生活の息遣いがあった。




「何だ?この疲労感は・・・」



「ヤバくね?」



ふたりそれぞれに振り返って見ると、
交差点に面したところは普通の家々だった。


歩いてきた道の奥にはただならぬ雰囲気があった。




「もう絶対あの道は通らないからな!」




「ひひっ♪何か取り憑かれたんじゃね?
疲労感とかあるって絶対やべぇよw」




「そぉんなのあるワケないよ」



咄嗟に返した言葉が裏返る。


そんな幸尋を背に、アカネは信号が変わった横断歩道を渡った。






「ホントにカイテンヤキってあんのか?
何かの見間違いだろ・・・」




商店街に入って人心地ついたのか、幸尋は悪態をついた。



商店街は人通りがちらほらある程度だったが、
「生きた」感じがあってホッとした。




彼の言葉などには応じず、アカネはどんどん歩いていった。






「これ」






アカネが立ち止まったのは南側の商店街の終わりの方だった。
もうしばらく行くと、駅に行き着く。




見ると、甘味屋さんだった。


正面には饅頭や大福が並ぶケースがあり、
店先には鉄板で焼くものを扱う小さな屋台が出ている。




「回転焼き2つくださーい」



「はいは~い、ここで食べてく?」



「うん、そうするー」



さっそくアカネが近寄って注文した。
応じた店の人が小さな包み紙に素早く回転焼きを入れる。




「ほら、回転焼き」



幸尋は店先に出されている長椅子に座って、
差し出された回転焼きを受け取った。




それは手の平サイズの円盤型で、4cmほどの厚みがあった。
包み紙からアツアツ温度がじんわり伝わってくる。



「アカネの説明ヘタ過ぎ!」



「うるせぇ!」



そう言うなり、アカネは回転焼きにかぶりついた。
ほふほふしながら顔がほころぶ。



幸尋も回転焼きをかぶる。



(んふっ)





きつね色の生地は、表面こそカリッとしていたが、
すぐにもっちりした層が始まる。



ほのかな小麦の香りが広がったかと思うと、
アツアツのあんこの塊に至る。



ほっこりしたやさしい小豆の甘味。
小豆たっぷりのあんこがたちまちほどけていく。



もっちりした生地と甘いあんこが
渾然一体となってクチを魅了していく。



何とも言えないやさしい甘味だった。





「んふぅ~」



思わずふたりは見合って同じ声音を上げる。




「うん、たい焼きとは違うね」



「だろ?」




たい焼きの生地とは微妙に食感が違っていた。


たい焼きにはいくぶんハードな歯触り感があるが、
回転焼きはもっちり感がある。



あんこをハード生地で楽しむか、
もっちり生地で楽しむか、難しい問題である。



それはともかく、一口喉を下りていった後、
溜息のように鼻に香りが抜ける。



あの生地。


あのあんこ。



しっかりした甘さなのに後味がすっきりしていた。


もうこの味を知ってしまったら、止められなかった。
まだ熱いにもかかわらず、次から次へとかぶりついた。


おなかに収まった回転焼きは
まだほかほかしているような心地だった。





「あんこの一族って家族多過ぎだろ?」



「あんろいひろくってw」



アカネが口をもごもごさせながら笑う。


どういうわけか幸尋は回転焼きが初めてだった。
彼はアカネが美味しそうにかじりつくのを横からずっと眺めていた。












(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
運営してる奴

たゆたん

Author:たゆたん
女子○生オリジナルキャラ中心に描いてます。
18禁絵・日常ネタなどの痛いド素人ブログ! サークル「たゆ~ん」でDL同人誌発売中

最新記事

ブログ娘“マユ”がご案内!

マユ・かっぱコス
 ♪ ♫ ♪ 記事カテゴリのお品書き ♪ ♫ ♪
 ・ イラスト  → 制作(やや18禁あり)
 ・ 日々の話 → 日々・変話
 ・ 旅の写真 → 紀行
旅は兵庫・京都・広島・高知の貧乏旅w

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    ↓ うちのオリジナルCG ↓
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「制作」カテゴリでご覧いただけます。
寝取られ彼女と“お情け”エッチ
新作CG「“お情け”エッチ(略)」[発売中]
フラれた後に味わう元カノのド変態な本性!
宣材2
ボクが知ってた彼女はもういない・・・
DLsiteで特価108円!!
☆★ 「“お情け”エッチ」発売開始!★☆
リンクは各紹介ページにとびます。
---------------------------------------------------
ムダ肉たっぷり奥さんのドキドキ変態不倫
新作CG「変態不倫妻(略)」[発売中]
家族に見せない変態性癖!ケダモノの狂宴!
キッチンでガンガン
家でラブホでガンガン変態エッチ!
☆★ 「変態不倫妻」発売開始!★☆
リンクは各紹介ページにとびます。
---------------------------------------------------
ビッチでも恋がしたい
CG「ビッチでも恋がしたい」(変態JKもの)
恋と性欲の背徳MAX!昨年夏から発売中!
発売開始!
DMM同人で500円→20%割引!!
★★ CG「恋ビッチ」発売中!★★
リンクは各紹介ページにとびます。
---------------------------------------------------
ナミがおじさんに堕とされるまで
CG「ナミがおじさんに堕とされるまで」
2016年7月末発売
おしとやかJKナミが渋~いおじさんに
禁断の調教されまくり!ダブル調教!
★★↓ 「ナミ堕ち」同人誌販売中 ↓★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     ↓ うちのオリジナルラノベ ↓
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ラノベ「そんなの女の子の言うことじゃないですよ」
「じゃないですよ(略)」(R-15)
寂れた町に暮らす高●生のストーリー
謎の女の子に絡まれてドキドキ試練!
「アルファポリス」で先行公開中です
おかげで閲覧数10,000pt超えました☆

↑クリックで紹介ページにとびます!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★☆★☆↓こっちも行ってみてね!★☆★☆
アメブロ「たゆたんあわわw」(健全?)
たまに単独記事もあるよ。

ピクシブ~


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     ・・・ リンクのみなさま ・・・  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★